« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月26日 (木)

2009年02月21日 強風注意!

春一番の季節?は、強風によるへこみも多発します。

強風にあおられてドアが目一杯に開いてしまい隣のクルマをへこましたり(へこまされたり)、自転車が倒れてへこまされたり...危険な季節です。

自転車でへこんだ場合は、修復が難しいケースが多いのです。ブレーキレバーで塗装面に傷が付く事が多いためです。

今回の依頼も、自転車が倒れてへこんだらしいとの事で、嫌な予感がしたのですが、デジカメ画像を送ってもらって状況を見たところ、傷も無く修復できそうな感じでした。

Ts3c0366

ただ、給油口に近い場所だったので、ツールアクセスが厳しい可能性がありましたが、今回は、なんとか大丈夫でした。

自転車によるへこみとしては、かなりラッキーなダメージ(?)と言え、塗装に傷が全くなく、まだ新車でピカピカのベンツC-200でしたので、これは綺麗に直したいところです。

Ts3c0367

トランク内の内張りを外したりと修理前の作業が多いので、お客様も予想外に大掛かりな作業に驚いておられましたが、デントリペアって、意外と面倒な仕事なんです。(たまには超簡単な作業もあるんですけど。)

なにはともあれ、綺麗に直せて良かったです。



デントリペア-DEEP CONCENTRATION

|

2009年2月19日 (木)

外部LCDを付けたぞ。

Ts3c0362

昨年の夏、PriusAnalyzer用の部品を買いに日本橋をぶらついた時、「デジット」という電子部品屋さんでグラフィック液晶モジュール(DMF-50316N)を衝動買いしました。

安かったので衝動買いしたんですが、バックライト用にインバーターが必要だったり、コントラスト用に-12Vが必要だったり、使い方も不明だし動作保証も無しという理由で安かった訳で、案の定ハードルが高く、なかなか手をつけられずにいました。

ネットで検索しても、このLCDに関しては動かした例があまり公開されていなかったのですが、基盤に載っているコントローラーICがT6963Cという比較的メジャーなチップで、すぐに日本語のデータシートが見つかりました。(なんとか無駄な買い物にはならず良かった。)

Ts3c0364

PriusAnalyzer本体に取り付けた20x4文字キャラクタLCDでは、さすがに表示量が少なく、設置位置の関係で運転中にはほとんど見れないということから、なんとしてもこのグラフィックLCDを繋ぎハンドル付近に設置したいと思ってました。

40x8文字の表示領域があるので、運転中に見たい情報は全て表示できそうです。
また、グラフィック液晶なので、トレンドグラフなんかも詳細に表示できるんじゃないかと期待していたんですが...(そうは問屋が卸してくれませんでした。)

まずは、PriusAnalyzerとは離れた場所に設置することになるので、データはシリアルケーブルで飛ばしたいところです。幸い、PriusAnalyzer本体側には、RS-232CもRS485も載せていて、どちらも余ってます。

ということで液晶側にPIC16F690を置き、RS-232Cで表示コマンドを受けることにしました。RS-232Cのレベル変換ICからマイナス8V程度が取り出せるので、これを液晶のコントラスト調整用に使ってみるといい感じで映りました。

トレンドグラフは、表示内容を一定周期でシフトしなくてはならないのですが、どう思案してもPIC程度の貧弱なマイコンでは無理っぽいので、とりあえず断念し、キャラクタ表示だけで我慢することにしました。

何度も、インバータで感電して心臓に悪かったですが、苦労した甲斐あってなんとか動くようになりました。

12V電源は常時電源だったので、キーを抜いても液晶のバックライトが消えません。なので、5V電源が供給されている間だけ、12Vも導通するようにトランジスタ回路を追加しました。

PriusAnalyzerとの接続は、ダイソーで買ったUSBケーブルを流用しましたが、4芯のモジュラーケーブルの方が取り回しが楽で目立たないかも。(そのうち、改良だな。)

Ts3c0365

いざ、出来てみるとだんだん不満も出てきました。なにより液晶の表示領域に比べてベース基盤が大きいので、ケースに取り付けてもイマイチかっこ悪い気がします。

それにカラー表示もしたいし、もっと精細なグラフも表示したいし...出来た端から不満いっぱいです。

Ts3c0363

前から気になっていた秋月通商の300円のグラフィック液晶で映したいなあ...ネット検索すると、動作実績も結構公開されていて出来そうな気がするが...表示には、かなりの伝送速度が必要みたいで、チープなPICレベルでは太刀打ちできないらしい。

さらに色々調べてたら、DesignWave誌が廃刊になり、4月から新刊が発行されるそうな。その付録にCPLDかなんかの基盤が付属するようなので、もしかしたら、これで遊べるかも...
(修正)CPLD->FPGAらしい...詳しくないので、あまり違いはわからんのですが...2009/02/26
(追加)インターフェース5月号?の付録として、ARM基盤が付くらしい...買っちゃうんだろうなあ(苦笑)


|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »