« 手作り感いっぱい | トップページ | 2009年01月22日 Good Job! »

2009年1月15日 (木)

目玉機能かも

ここまでは、だいたい昨年の夏頃に出来上がってました。(Ver.1かな)

他には、Cortex-M3基盤に実装されている3軸加速度センサーを利用して横Gとか傾きなんかを表示させたりして遊んでましたが、それ以上はアイデアが沸かず熱が冷めてきました。

その後、基盤を壊してしまったり、液晶を壊してしまったり、最新ソースを消してしまったりして、更に忙しくなったこともありで、すっかりほったらかしにしてました。

なんといっても、既に張果老さんの燃費監督というすごい装置が公開されてるので、なんかこれ以上いじくっても面白くないなあと思いましたし。

後は、せっかく載っているSDカードスロットを使いたいと思い、昨年も時々、SDカードの読み書きについて調べてたんですが、ファイルシステムとか何かと最初のハードルが高くてやる気のスイッチが入りませんでした。

ようやく今年になってから、SDカードの読み書きにチャレンジし、何とか形になってきました。

そもそもこれまでは、クルマから取得した情報を表示することしか出来ませんでしたが、SDカードへの書き込みが出来るようになると、データロガーが実現できます。

そして、ロギングしたデータを再生したり、パソコンへ取り込んで更なる解析をしたりと可能性が大きく広がります。

ただし、CANに流れているデータは、1秒間に1000パケットを越えているようで、SDカードに保存できるデータはかなり絞らなくてはなりません。

しかし、ざっくりと作り込んでみて実験した感じでは、必要なデータはほぼ保存可能な感じです。保存したデータを再生表示できるようにして眺めていると、今、あの交差点で右折したなとか、あの坂道を登っているなとかが読み取れてかなり面白いです。

GPSアンテナなんかを接続して位置情報までロギングしたら、地図上に軌跡をプロットできるようになるかもしれませんね。このルートは燃費が悪いとか、この区間をどう走ると燃費が良くなるとかが解析できるかも。

ただ処理能力からすると、サーキットでのロギングには耐えられないかな。記録間隔が大雑把すぎるしな。

|

« 手作り感いっぱい | トップページ | 2009年01月22日 Good Job! »