« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月17日 (月)

2008年11月17日 鉄にも感情?

「鉄にも気持ちがあるのかな?」とデントリペアをしていると思うことがあります。

元の姿に戻りたがっている鉄と、もうこれ以上は変形したくないと思っている鉄があるような...

今回の鉄は、後者だったのかと思うほど、最後の最後まで抵抗してくれました。

被デントリペア国産車No.1ではないかと思われるレガシーだったのですが、ドアパンチでは、こうはヘコまないだろうという感じの底が丸くて深いへこみでした。

プレスラインはそれ程変形していなかったのですが、肩の部分に膨らみが出てしまっているので、それなりに強い力でヘコまされたんでしょう。

Ts3c0327Ts3c0328









とにかく押しても押しても元のへこみに戻りたがるヤツでした。仕上がりにはやや不満が残ったのですが、お客様には満足していただけました。

ただ、職人としては、「何でそこまで頑固なんだ?」と逆にこちらがヘコまされる相手でした。

デントリペア-DEEP CONCENTRATION

|

2008年11月11日 (火)

2008年11月10日 いいクルマでした。

今回は、オーナーさんにとても大切にされている幸せなクルマを修理しました。

1983年式のポルシェ911SCですが、25年前のクルマとは思えない状態を保たれていました。もちろん、塗装はオリジナルのままでデントリペアでの修理は本当に価値があると思います。

オーナーさんも大変ジェントルな方でして、とても大切にされている事が伺いしれました。

とは言いましても、これだけ長い間現役で乗られてきたクルマですので、ドアパンチやひっかき傷、ガソリンスタンド等で不慣れな店員が付けてしまったと思われるエンジンフード等のへこみ(閉める時に指で押した跡が残る)が目立ちます。

さすがにこの時代のクルマを修理する機会は減ってきており、久しぶりに手応えのある鉄板と格闘しました。(笑)

現代のクルマと違って、この時代はボディ全体で剛性を出しているためか、ボディの鉄板は分厚いのです。(特にポルシェだからかもしれませんが...)

まずはフロントフェンダーのきついドアパンチ跡を修理。

Ts3c0317Ts3c0318









これは左リアクオータ(後輪の前側)に、ドアパンチ3発。(写真ではわかりにくいですけど。)

Ts3c0319Ts3c0322









右テールランプ上(ポルシェ独特のラインですね。)に、長いへこみ。

Ts3c0323Ts3c0324









他にもボンネットやエンジンフードなどに多数へこみがありましたが、修理時間の関係で一旦終了しました。後日、日を改めて傷のタッチアップも含めて修理することになりました。

オーナー様もデントリペアは初めてだったらしいのですが、オリジナル塗装を残したまま綺麗にへこみが直るので大変喜んでくださいました。

デントリペア-DEEP CONCENTRATION

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »