« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

2007年03月31日 結構大変な...

デントリペアに限ったことではありませんが、クルマの低い位置の修理って大変なんです。目線の高さを地面擦れ擦れにキープしての作業は通りすがりの人が見ると一体何をやってるの?と不思議な光景に映るでしょうね。

今回は、納車間もないプレマシーに自転車が倒れてきたらしく、またしてもお気の毒なお客様でした。(まあ、気の毒でないお客様なんて居ないのですけど...)

新車を買ったばかりの時って、念願の宝物をやっと手に入れて、これから大切にするぞーって新鮮な気持ちになっていますよね。なのに、よりによってなんで...こうなるの?って、ほんと悔しいですよね。

まずは、修理前の状態です。自転車が倒れてきて、この位置にヒットしたということで、結構衝撃は大きかったと思われます。筋状のキツイへこみになってます。でも辛うじてプレスラインは避けてくれていて不幸中の幸いでもあります。だけどこの位置の修理はキツイよなあ...といった感想です。

Ts3c0004Ts3c0003













Ts3c0001

ドアの下半分を直すときは内張りを外します。プレマシーのドアはサービスホールが無く、樹脂製のパネルで覆われていました。ですが、パワーウインドウの機構と一体になっていますので、そう簡単には外れません。ビスを外して、下半分を浮かせて隙間を確保し、そこからツールを送り込みます。ドア前方のへこみは内部に支点を作って長いツールで直しましたが、地面に這いつくばってアクロバティックな姿勢での修理になりました。ドア後端のへこみは、かなり修理方法を試行錯誤しましたが、最終的には水抜き穴のパーツを外し、ドア内部に板を入れて支点を作って修理しました。どちらもキツイ姿勢と蛍光灯と目の位置関係が悪く、かなりしんどい作業でした。

Ts3c0007Ts3c0008













修理結果は、ご覧のとおり完璧に直りました。これでまた買ったばかりの新車を大切に乗っていこうという気持ちになれると思いますので、デントリペアで再塗装なしに修理できた価値は高いと思います。(自画自賛でスミマセン)


デントリペア-DEEP CONCENTRATION

|

2007年3月19日 (月)

2007年03月19日 これも気の毒

クルマを大切にされている方にとっては、小さなへこみでも、とても気になるものです。ましてや今回のようなケースでは、なおさらです。

クルマを大切にされているのは、車内を見れば一目瞭然でした。(最近では珍しくなった土足禁止車両)

ちょっと駐車している間にやられたとのこと。相手車両の塗料もかなり付着していたらしくクリア層のダメージからもへこみのキツさからも、激しいドアパンチだったことが伺い知れます。ここまで酷いと当て逃げと同罪だと思います。

エスティマでしたが、へこんでいる場所がスライドドアの後端に近くちょっと難儀しそうな感じでしたが、なんとかツールアクセスでき苦労はしましたが、完全修復できました。(クリア層のダメージは仕方ありませんが。)

070318_140730070318_144226













カーコンビニでの修理も検討されたようですが、パール塗装なので見積りも高額(8万程度)だったようで、他の修理方法をネットで探し、デントリペアにたどり着かれたらしいです。このへこみを再塗装してしまうなんて、ほんともったいないですし、8万という額も痛すぎます。今回は、1箇所の修理額としては安くはありませんでしたが、板金塗装では考えられないような仕上がりと金額で修復できたと思います。

デントリペア-DEEP CONCENTRATION

|

2007年3月17日 (土)

2007年03月17日 サボりすぎ...

気がついたら1ヶ月以上も更新をサボってました...^m^
それなりに写真は撮っておいたのですが、イマイチ使えなかったり...と、言い訳はこの辺にして。

「雹害かあ」と突っ込みたくなるのがコレでした。

ドアにエクボが2~3個あって...という依頼から伺ったところ、よく見たら他にもへこんでまして...とドアを見たら、こ、これはヒドい。数えたら1枚のドアに19個のへこみがありました。

070310_110643070310_132432_1














反対側のドアも5個ほどのへこみがありました。どちらの面も、完全修復は難しいなあと思えるキツいへこみがありヘビーなデントリペア作業となりました。また、このクルマ(BMW Z3)は、ドアが長~くて、内部の構造もデントリペア泣かせで、へこみの数、難易度ともに想定外の仕事になりました。

070310_134314070310_150731_2














次は、「ビシッ」という音が聞こえてきそうな見事な縦スジ。

幸い、プレスラインにも、インパクトビームにもかかっておらず、修理自体の難易度は高くありません。ただ、結構磨きこんであるボディだったので肌が荒れないように細心の注意力を持続する根気が必要です。

070317_095616070317_104943_1














不幸中の幸い?だったのがコレ。バックで支柱にぶつかったらしく、バンパーがひしゃげてリアハッチまでへこんでしまったようです。しかし、バンパーは、ほぼ戻っており(塗装はシワシワになってますが...)ハッチ側は、装飾プレートもエンブレムも無傷。その間の鉄板だけがへこんでいました。

ややプレスライン付近のへこみがしぶとく、ほんの少しオリジナルのラインより仕上がりが平らになった感じなんですが、イタ車にはありがちな歪みかとも言えるレベルです。他にも、ドアに不自然なエクボがあって、これはどうやら修復痕のようでした。(修理に失敗して出来てしまったミミズ腫れを叩いてごまかしたような痕でした。)可能な限りの再修復をしてみましたが、完全には直りませんでした。(これもイタ車にありがちな塗装の乱れ程度にはなりました。)

070317_122809070317_133322_1















デントリペア-DEEP CONCENTRATION

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »