« 2007年01月20日 海越えて... | トップページ | 2007年01月28日 ちょっとの違いで... »

2007年1月21日 (日)

2007年01月21日 イテテッ

昨日の渾身ルーフ修理で結構筋肉痛です。(最長極太ツールを手元に近いところを支点にして使い続けたので...)

でもって、本日もヘトヘトコースだったので、既に腕がパンパンです。(明日起きれるかなあ...)

今日のお相手は、重量級のキャデラックでした。3箇所くらいへこんでるとのことでしたが実車を拝見すると、「ここも、あっ、ここも、あれっ、ここもだ...」と言う感じでへこみが見つかり、結局ドア4面と左フロントフェンダーの5パネルの修理となりました。(へこみの数は15箇所以上)

070121_113043

写真は一番目立つへこみを撮って、あとはキリがないので撮影しませんでした。

今回も失敗デントリペア痕を発見。右リアドアは不自然に磨きこまれていてテカテカになっていました。デントリペアで修理したと思われますが、へこみの底を押せなくて最後はごまかしの強烈ポリッシング攻撃に頼ったという荒業のようです。3箇所くらい直し損ねていましたが、どれもそんなに難しくないへこみです。ある程度、修正しましたが、ここまで強烈に磨きこまれていると元通りにはなりません。

070121_115736_1

しかしキャデラックは久しぶりの修理でしたが、こんなに硬かったっけ?というくらい分厚い鉄板です。へこみを押し戻した後に残る微妙な歪みを修復するところで、かなり疲れます。しかし、この分厚い鉄板は腕の奮い甲斐もあります。手を抜かずにがんばると、それに応えてくれるような鉄板です。最近の国産車には無い良さかもしれません。(角目のベンツなんかも、そんな手応えがあります。)

修理代金は当初予定より高額になりましたが、パネル単価、更に言えばへこみ単価に換算すると相当に安く修理できたと自負いたします。板金塗装だときっと5倍以上の額になってたでしょうから。(^^)v

その後は、別のお客様から修理可否判断+お見積りのご依頼がありお車を拝見させていただきました。自転車との接触だったそうですが、どんな状況でも車側の過失は問われてしまいますのでお気の毒でした。

損傷の状態はひどく、ヘッドライト上側のフェンダー部分が相当凹んでいました。先端部分の鉄板が折り返してある部分までが曲がってしまっておりデントリペアではどうしようもありません。

また、ボンネットもブレーキレバーによる深い傷と共に、裏側の補強が浮き出てしまうくらいの広い面積が凹んでおり、これも修復困難な状態でした。

仮にデントリペアである程度修復できそうだったとしても、車両保険の免責額よりは高額な修理になってしまいますので、やはり板金塗装で塗装の傷まで直した方がコストパフォーマンスは高いと思います。

今回は、せっかくデントリペアでの修復を検討していただいたのに、お役に立てず残念でした。


デントリペア-DEEP CONCENTRATION

|

« 2007年01月20日 海越えて... | トップページ | 2007年01月28日 ちょっとの違いで... »