トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

2006年11月26日 難易度大

日産スカイライン(ER34)の左Fドア

昨日に続き本日も、難易度最大級..._| ̄|○ガックリ・・

今日はレース界でも有名なショップからの依頼。ここの依頼はいつもデント屋泣かせなのです。電話では、ドアに縦スジが入っているので目立たないようにして欲しいと...「目立たないように...」という言葉にひっかかりを覚えながらも、良くあるドアパンチの縦長版かなと予想して伺いました。

061126_105634

工場に到着し実車を拝見。「縦スジ」って言ってたけど...これは、スジ状には見えないぞ。陥没だな...(この画像だと意外と大したことないように見えるけど...)しかも結構上が凹んでいるので裏の構造が心配だな。おまけに凹みの上は盛り上がってしまっているし...う~ん、見なかったことにして帰りたいなあ...

いきなりツールで押し出すのは難しいかと見て、まずは、デントールで引っ張ってみた。がっちりと溶着しスライディングハンマーでガンガン引っ張る。しかし、全く上がってくる気配がない。塗装が剥がれるような気がして断念。こりゃヤバいなあ。やっぱり帰りたくなってきた。気を取り直してツールで押し出しにかかる。しかし細いツールでは全く歯が立たない。ツールがねじ切れるか支点になるガラスが割れそう...なので、ドアの修理では滅多に使わない太いツールに切り替えて、支点も補強して厳しい体制だが押すことにした。

061126_131049

ただもう押して押して押し捲る。一歩間違うと鉄板を突き破りそうなテンションを掛ける。なんとか最深部が上がってきた。今度は膨らんでいる部分をポンチング。そして再び凹みを押し出す。この季節なのに汗が滴り落ちる。もう体力も鉄板も限界かな...この鉄板の伸びでは、オリジナルのボディラインには戻りそうにないし。おまけに塗装面の傷もけっこう深く、これ以上押すと傷のエッジが目立ってくる。ここら辺が潮時と見て修理終了。ゆがみは残ったものの、あの陥没状態からすれば、かなりマシにはなった。職人気質としての満足感は薄いが費用対効果を考えるとこのあたりが着地点と思う。(この画像よりは歪みが目立つ結果でした。しかし、写真だと歪みって写りにくいもんですね。他の業者さんが公開しているスゴイ修復実例も意外と歪んでるのかもなあ。)

デントリペア-DEEP CONCENTRATION

|

2006年11月25日 難易度大

ホンダCR-Vの左Fフェンダー

お客様の説明によるとGSの洗車機の異常?で凹んだとのこと。(確かにフェンダーアーチの樹脂製プロテクターに30cmくらいの長さで何かがこすり付けられた様な痕が残っていた。)お電話では、スジ状に2箇所凹んでいるとの事だったので直せないかもなあと思いながらも伺いました。

061125_113229_3

実車を見て、(う~ん、これはヤバいかも)と気持ちが沈む。厳しい仕事になるなと直感した。プレスラインが見事につぶれ、更に角張った物で押し付けられたような鋭い凹みである。コツンと当たって凹んだような場合は、鉄板の伸びが少なく直りやすいのだが、今回は、何か角張った物がぎゅう~っと押し付けられたような感じで鉄板がメロメロになっている。下側の凹みも意外とハードだし...オーナーさんは、大切にしてきたクルマなので何とか塗らず直したいとの事。確かに年式の割りにキレイなクルマだった。相当に腰が引けたが、できるところまで挑戦してみようと修理に着手した。

ホイールハウス内のインナーを外し、タイヤを支点にして太いツールで作業開始。フェンダーが取れるんじゃないかと思うくらいテンションを掛けないと凹みが出てこない。おまけに曇天とはいえ、屋外でのパールホワイト車は、凹みの陰影が見え辛い。特にこの様な部分はツールの先が見えにくい。(補足すると、ボディ表面の微妙な陰影を見てツールの先の位置を感じとります。)瞬きををすると見失ってしまうような感じである。誰か助けてくれ~と思いながらも少しづつ凹みを退治していく。

061125_134759_2

気がついたら2時間経っていた。ここまでくると、プレスラインにはさまれた部分の伸びた鉄板が行き場を無くしてダブついてくる。そろそろ限界かな...100%の修復は断念した。凹みの一番深かった部分はクリア層が削れて薄くなっていたので割れを警戒して押しきれなかった...それでも最初にイメージしていたよりはずいぶん修復できたので、多少心残りもあったが修理を終えた。

蛍光灯を消し、普通に見ると、ほとんどわからないくらいまで直っていたので、お客様も納得してくれました。

デントリペア-DEEP CONCENTRATION

|

始めの第一歩

2000年にデントリペア業を開業した頃は、まだまだホームページを見てデントリペアを依頼される方は少なかったのですが、デントジャパンさんの地道な活動や同業者さんのブログ公開なんかでずいぶんとデントリペアの認知度も上がったなあと実感しています。私も少しはデントリペアの普及に貢献しなくては...と、重荷にならない程度にデントリペア結果を記録していきたいと思います。(凹みを見るとすぐに修理作業を始めてしまう癖があり、修理前の画像を撮り忘れてしまうので、なかなか画像が溜まらないのです。)

最近は、年配の方からのご依頼も増えてきました。インターネットでの検索は確実に広まっていますね。デントリペアで直せる凹みには限界があり万能ではありませんが、直せた場合の仕上がりの良さとコストパフォーマンスにはきっと驚いていただけると思います。もっともっとたくさんの方に知っていただきたい修理方法です。

デントリペア-DEEP CONCENTRATION

|

トップページ | 2006年12月 »